Video / MITASEN 2018 Rd1 All main results

   




5月20日 TM circuit(和歌山県 アウトドアアスファルトサーキット)で “全日本みたいな選手権” が開催されました。

全日本みたいな選手権” 通称 “みた選” は今年で6年目を迎え、ツーリングカー17.5Tストッククラスのレースイベントでは日本で最もハイレベルなレースイベントの一つへと成長をしました。

みた選は毎年 ”TMサーキット”と”RCパークBeetpos”(兵庫県西脇市)の2Round 開催されます。
今回開催された2018年シーズンRound1 のTM サーキットでは “INFINITY 祖父江 旭生選手” を始めとするワークスドライバーや地元の有力選手、県外から参戦した実力派の選手など多くの選手が参加し、ハイレベルなレースが繰り広げられました。


決勝 A-main Leg1

A-mainは3回行われ上位2ポイントの有効で最終的な順位が争われます。
予選から他の選手を圧倒させるスピードで好調だった祖父江選手が、序盤で単独ミスをし大きく順位を落としました。2番グリットでスタートした坪野選手が逃げ切る形でゴールしLeg1のTopポイントを獲得しました。

Video↓


 

決勝 A-main Leg2

Leg2はみた選特別ルールでメーカードライバーは降格グリットでのスタートとなります。プライベーターにはビックポイントを獲得するチャンスで熾烈な争いとなりました。

祖父江選手は降格グリットで6番グリットからのスタートとなりましたが、レース開始直後前方で大きな混乱があり上手く抜け出した事で一気に3番手まで順位を上げ、順調に2番手までジャンプアップをしました。レース終盤まで佐々木選手の後方にひと時も離れずピタリとつけていましたが、5分を過ぎたゴール直前の数メートル付近でハイサイドし5番手まで順位を落としました。

佐々木選手は予選からの安定した走りでスタートをして、序盤で単独ミスをした坪野選手を抜いて順位を守りきってTopゴールとなりました。

Video↓


 

決勝 A-main Leg3

スタート直後ロケットスタートをした祖父江選手が、2位以下の選手に大きな差をつけて最後は圧巻の走りを披露し見事Topでゴールをしました。

佐々木選手は序盤で2番手まで順位を上げましたが、わずかなミスで他の選手と絡み順位を大きく下げました。

坪野選手は序盤のミスで一時順位を落としましたが、佐々木選手が他の選手と絡んだ事で順位を取り戻し優勝の決め手となる2位ゴールとなりました。

 

Video↓


 

決勝 A-main Overal results

共に1番ポイントと2番ポイントを獲得した佐々木選手と坪野選手でしたが、タイム差で坪野選手が優勝、佐々木選手が2位となり、祖父江選手はLeg2の順位が響き3位の結果となりました。

Photo gallery

Video↓


 

B-main Final

Video↓


 

C-main Final

Video↓


 

D-main Final

Video↓


 

E-main Final

Video↓

 - RC Car News