2017 JMRCA スポーツクラス top4の走りを比較

   

電動ツーリングカー全日本選手権 スポーツクラス

予選5ラウンド目まで終了時点で

上位陣の使用しているシャーシを改めてまとめてみました。

 

Pos1: 佐々木 拓眞選手

シャーシ:TRF 419X

モーター:とりおん V2

アンプ:ホビーウイング XR10

バッテリー:マッチモア

ボディー:LTC-R

サーボ:SANWA

プロポ:SANWA

Pos2:田舎片 久仁治選手

シャーシ:AWSOMATIX A800X

アンプ:ホビーウイング V3.1

モーター:Gスタイル

バッテリー:Gスタイル

サーボ:SANWA

プロポ:SANWA

ボディー:BLITZ

Pos3: 尾田 真選手

シャーシ:scumacher(シュマッカー)

モーター:R1 WURKS

アンプ:ホビーウイング XR10

バッテリー:マッチモア インパクト6400

サーボ:SANWA LH

ボデー:アレックスM6ハイスピード

ダンパー:AXON

※ダンパーは自作加工で取り付けているとの事です。

更に尾田選手はフル AXON でコンプリートしているそうですよ。

 

昨日の予選第5ラウンドのヒート6(最終組)の走行動画です。

今回は

TRF419X 佐々木選手

AWSOMATIX A800X 田舎片選手

scumacher 尾田選手

XRAY T4 2017 松本選手

の走行を同時に比較しています。

この後9:30より順次、予選最終ラウンド6が始まります。

 

 

 

 - 動画