Results SPEED KING TOUR Rd6 総合順位・シリーズチャンピオン

   

 Modified 

Qualifing results

予選3回が終了した時点で、INFINITY祖父江選手と、YOKOMO永島選手が同ポイントとなり、タイム差で僅に祖父江選手がリードしていましたが、今回試験的に採用した予選4回目のスーパーポールで永島選手がスーパーラップを出しTQを獲得しました。

Final A-main

レース序盤、TQを獲得したYOKOMO永島選手に続き INFINITY祖父江選手も快調な滑り出しを見せましたが、永島選手のペースに僅に追いつけず予選グリットのままゴールとなりました。

3位にはYOKOMO 山本選手が4番グリットから上がり、見事入賞となりました。

2017 series champion


 

 Stock 

Qualifing results

予選3回が終了した時点で、坪井選手・高木選手・塩谷選手の3名が同ポイントとなる熾烈な争いとなりましたが、予選4回で坪井選手が安定のトップゴールを決めて、見事TQを獲得しました。

Final A-main

予選から熾烈な争いを繰り広げた3選手でしたが、スタート直後の混乱の中TQを獲得した坪井選手が抜け出し、2位以下に圧倒的なタイム差をつけて楽な展開に、決勝は気温の関係か路面グリップが低下し序盤に順位を落とした高木選手と塩谷選手でしたが、順調に順位を取り戻し予選グリットのままゴールとなりました。

塩谷選手は今大会の最年少ドライバーでの入賞です。

2017 series champion


 

 OVAL 

Final A-Main


 - 2017 SPEED KING TOUR Rd6, レースレポート